Skip to main content

Posts

Featured

Fragrance Journey Vol.1 - Opium Pour Homme by Yves Saint Laurent

以前、音と匂いはやめられない、みたいなことをブログに書いたのをふと思い出して、こんなことをシリーズ化してみるのもアリなのかな?なんて、思っているのですが。。。まあ、でもあんまり不評なら考え直します。

ことの始まりは。。。

ん〜、まずいな、このままだとどんどん本数が増え続けていく。。。この状況ってどうなんだ?、と、ふと思い、世の中にもそういう奴が居たりするのかと思い、ネットを調べてみると、結構フラグランスコミュニティやチャンネル、香水オタクサイト?ってのがちゃんとあったりして、ちょっと一安心。まあ、ただ、彼らの大半がどのくらいの本数を保有しているのかは未知数。だた、中には1000本とか持っている強者もいるってことを発見して、さらに安心。(まあ、でもそっちは間違いなくマイノリティー)。いや、っていうか、俺はそっちのデータを基準にして安心してちゃダメだろ、って話なんだが。。。

こんなことを書こうかと思ったきっかけとして。。。ネットが普及して、どこの誰が何を考えているのか、とか、何を持っているのか?、とか、どこで何をやっているのか?。ということがあからさまになってきたこの世の中。。。これだけ英語圏で香水のチャンネルやらサイトがあるってことは日本語でも多分あるんだよなきっと。。。と思って、ふと、調べてみたのだけど、これがまた、意外に無い(に等しい)。。。なるほどねぇ〜。それどころか、逆に「男が香水をつけるのは、アリかナシか」くらいのことがディスカッションされているビデオまであったりした。。。え〜??、なんかそれガッカリだなぁ。。。たまに「男性香水オススメ」みたいな感じで、ネットにアップされているのがあったりするんだけれど、なんだが自分にとってはアウトコース低めみたいなのが大半なので、なんかなぁ〜。。。と。

。。。要は、

自分からしたら、「骨のある香水」がほぼ、紹介されていなかったりするのだ。

女子の方はレビューとか結構見かけるんだけどなぁ〜。

まあ、もちろん、好みの問題ってのはあるとは思うけれど、これだけ自分のセンスとネット上でのデータがバッティングしていないのであれば、ある意味、自分がうまくその隙間を埋められるのではないだろうかと思ったのがきっかけだったりする。さすがに、少数ながらも、自分のオススメ支持派も居るだろう。。。という密かな期待もあったりするのだが。。。まあ、そ…

Latest Posts

Velvet & Sepia

The Moments Captured - 制作話編 -

ナンセンストリオ

ユートピア

ホテルカリフォルニア - ヘビー リサーチ リミックス -

desert island

遅れましたが、明まして…

Hit Au Salai - ヒトサライ - director's cut