Skip to main content

Posts

Featured

Black Diamond

アメリカに移住して3年という月日が経とうとしている今日この頃。まあ、わかっていたけれど、自分にとって、まず参ったな。。。どう過ごそうか、乗り切るか。。。と移住する前から考えていたのが「冬」であった。基本、寒がりでもあるし、元々はカリフォルニアに住んでいたので天気のことなんか考えなくて良い贅沢な状況で過ごしていたので、この問題は早速1年目の冬にやってきたのだ。う〜ん、引越してぇ〜なぁ、寒すぎる。。。

。。。と、そんなところに、嫁のお父さんが、「俺もちょっと前から友人にすすめられてやり始めたんだけど結構面白いぞ」と。。。スキーをすすめられたのだ。まあ、確かに、これをやらなかったらミッドウエスト、もしくはミッドアトランティックの冬は「ただひたすら寒い」だけである。どういうわけか、たまたまなのか、都合の良いことに、おじさんは隣の州のスキーリゾート地に何人かのメンバーでシェアしている別荘を持っているので、合宿のような好条件でスキーに行けるという非常に贅沢な状況であるのだ。元々はスキーをやるからそこに別荘を買ったわけではないらしいのだが、せっかくスキー場が目の前にあるんだし、やってみるか。。。ということだったらしい。まあ、のんきな選択ではあるけれど、冬を有意義に過ごすには非常に良いじゃないか、と思い、自分もちょっとやってみることにしたのである。実は、もう20年以上も昔の話だけれど、スノーボードが出始めた頃にスノーボードをかじったこともあるので、まあ、なんとかなるだろ。。。ってな勢いで。

そんなわけで、最初はおじさんのブーツと板を借りて簡単なスロープ(グリーン)からやり始めたのだけれど、シーズンが終わる頃にはすっかりハマってしまい、雪が溶け始めてスキーが安くなった頃にとりあえず、自分の板とブーツを買ってしまった。基本は自分と格闘したい派なのでw、さあ、どこまで挑戦できるかな、といういつもの悪い癖も出てしまい、その翌年にブルーランを楽に滑れるようになり、最近では、ブラックダイアモンドにも出向いている。まあ、スキー場に通ってるペースが合宿状態だからね、笑。

まあでも、正直、初めてブラックダイアモンドに行った時は、さすがに参ったわ。ブルーが余裕なんだから、ブラック行ってもそこまで問題ないだろ、と思って半分ナメてかかったのが大間違い。ブラックの頂上に着いてスロープ見降ろした時にはさすが…

Latest Posts

Fragrance Journey Vol.1 - Opium Pour Homme by Yves Saint Laurent

Velvet & Sepia

The Moments Captured - 制作話編 -

ナンセンストリオ

ユートピア

ホテルカリフォルニア - ヘビー リサーチ リミックス -

desert island

遅れましたが、明まして…