11.16.2015

タイミング

庭を見ると枯葉も落ちきって、気づいたら庭がとんでもないことになっていて、「あぁ、いったいどうすんだよ、これ」なんてふと思っている今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?個人的には、ウエストバージニアのアホみたいに寒い冬がやってくると思うと非常に恐怖であります。まあ、それでも例年よりは暖かいらしいのですが。。。

そんなわけで、この天気の中、ぶっ壊れたらシャレにならん、っていうことで、もう、越してきてから半年近く乗っている愛車の?ボロボロのホンダの整備などを先週しておりました。1999年モデルってこともあって、いつガタがきてもおかしくないってな代物を購入したわけですが、結構このボロさが中々気に入っているので、どこまで走るのかやってみよう、なんていうのも兼ねたりもして、オジさんに手伝ってもらいながらタイミングベルトの交換をやってみました。

※ちなみに、タイミングベルトの役割を知りたいマニアックな方はこちら 


実のところ、タイミングベルトだけは出来ることなら自分で交換したくはなかったのだけれども、ショップにいくらかかるか聞いてみたところ、この車買った値段の半分くらいかかるっていうもんだから、それじゃ、なんだかボロボロの買った意味ねぇ〜じゃんってことで、じゃあ、ちょっと挑戦してみよう、ということに。。。

いや、それにしても、問題のベルトにたどり着くまでの方がなんだか大変だぞ。。。ということに、やっているうちに気づいたわけですが、引き返せないところまでやり始めちゃったので、続行。とりあえずは、車持ち上げて、タイヤ外して、内側のタイヤカバー外したりしないと、ベルトがあるとこがまず見えないわけで。。。タイミングベルトの手前にはオルタネーター、パワステベルト、エアコンのベルトも邪魔してるからそれも全部外し。。。エンジンのヘッドも外さないと、タイミングベルトを隠してるカバーも取れないし。。。外すのは良いけどさ。。。全部戻した後に「ネジ余っちゃったらどうしよう?!」とか、なんか非常に不安だぞ。。。


 まあ、そんなわけで、いろいろ外しまくって、やっとこさタイミングベルトベルトが見えてきた!う〜ん、結構この時点で結構精神的に疲れが。。。ここでいい加減な作業をしてしまうとエンジンをぶっ壊し兼ねないので、翌日に作業を持ち越すことに。。。上にある歯車と下にある歯車の位置がずれちゃうと、とんでもないことになっちゃうからね。。。外も真っ暗だし。。。

そんなわけで、翌日。。。ベルトをつける作業へ。。。
なんかここまでばらして、ベルトだけつけるのシャクだから、タイミングベルトの内側に潜んでいるウォーターパンプも、スパークプラグも取り替えて、オイルも変えて、怪しくなってるホース類もガスケットも全交換、ラジエーターのクーラントも替えちゃおうって、笑。その前の週に、インスペクションをパスするためにエグゾーストパイプも交換してるから、ベルトを交換するだけだったはずが、なんだか、チューンナップの方向へ。。。


まあ、そんなこんなやってるうちに、丸二日、車をいじり倒して、休むはずの週末が、なんだか、ぐったりな週末に、笑。

まあ、でも、出来れば触りたくなかったタイミングベルトも経験したおかげで、なんだか色々と学んだ先週末。。。自分でいじったおかげでなんだか安心して運転できるぞ、なんて思っている今日この頃です。

いやぁ〜、しかし、ベルト交換後にエンジンかける時はちょっとドキドキものだった、苦笑。ベルトのタイミングずれたら、エンジンお釈迦だもんね。。。っていうか、どうしてショップに出したら値段高いかやっと分かった!


「だって、面倒臭いもん、これ、苦笑」。


要は、ほとんど手間賃じゃん。パーツ自体、高くないもん。

そんなわけで、ひとまずは走っている車。。。いつまで走るかは分からないけれど、この先もよろしくです。


追記:

エンジンも人生もタイミングが合っていないと、うまくまわってくれないわけだよね。。。
なんて、この作業をやっている頃だったか?、友人とメッセージのやり取りをしていた時のことをふと思い出した先週末だった。







0 件のコメント:

コメントを投稿