4.01.2015

セカンドチャンスの国

というわけで、FBの方ではちらっと、書いたのですが、というか、本当は、メールやらを個人的に送ったりしようかな、なんて思っていたのですが、先日、FBに写真をアップしたところ、いろいろと質問され、うっかり答えてしまったので、今更、個人的にメールを送るのもなんだなぁ。。。なんて思い。。。FBを見てくれた方はご存知かと思いますが、いちおう、この場を借りてもう一度アナウンスしようかと思います。

えぇ〜、実は、5月7日を持ちまして、米国へ移住することになりました。着いた次の日が自分の誕生日ってこともあったりして、個人的には嬉しくもあり、皮肉まじりでもある日取りになってしまいましたが、そんなわけで、この機会にもう一回くらい、なんかおバカなことも出来たらなぁ〜、なんてことも頭の中をグルグルしている今日この頃であります。

個人的なことですが、最初の片道チケットが1992年、あの時は、何も知らずに行っただけあって、怖いもの知らずが功を奏したこともあったり、知らなかったことがあったためにとんでもない目にあったこともありな、10年だったよな。。。と、今更ながら、ちょっと過去を振り返るきっかけになっていたりもしています。20代だったから出来たことも多かったかもだね。。。





まあ、ここで、その10年間のおバカな出来事を書いてしまうと、ハードカバーで上下巻くらいになってしまうので、やめておきます。っていうか、あまりにもバカすぎることが多すぎたので。

それよりも、いい歳になってきたところから、この先どうやって行くのか、ってことの方を想像すると、なんだか結構アホな感じで面白いのかもしんない。。。

まあ、そういう訳で、ちょっと今までよりは距離が遠くなる訳ですが、これからもどうぞよろしくです。なんていうか、今の時代、っていうか、特にこれからなんて、距離はどんどん関係なくなっていく時代になっていくわけだから、あんまり大げさになる必要もないかなって気がするわけですが。。。

なんていうか、こう、「どこどこの国へ行って闘ってくる」みたいな気張った感覚は自分には全くないので、そういうお見送りはどうか勘弁して下さい、笑。そういう感覚は自分には正直ナンセンスというか。。。どちらかというと、「あぁ〜、やっとラフなままで居られる。。。」という感覚の方が強いので。。。

まあでも、1992年のあの頃。。。アメリカと日本の距離は、実際、遠かったかなぁ。通信手段、いつまで経ってもとどかない手紙と、激高の国際電話の時代、笑。インターネットなんて誰も使ってない、っていうか、そもそもコンピュータを個人で所有してるやつがほとんど居ない時代。分からないことがあっても、検索とか出来ない。コンピュータなんて学校でエッセイ書くときくらいしか使わないし、4MBくらいのフロッピーディスクにデータをセーブしてた時代。デートの待ち合わせしても、とりあえず来るまで待ち続けなきゃならなかった時代、笑。だって、出先でお互い連絡手段ないんだから。

そういうのを考えたら、今は、なんかそんなに遠くないんじゃないかな、って。まあ、確かに、陸で続いている同じ距離と、海を挟んだ同じ距離はちょっと感覚違うけどね。陸で続いてたら、ガソリン入れてGOって感覚で、景色が徐々に変わっていって走ってればいつかは目的地に着くってのはあるけど、パスポート持ってデカいスーツケースもって空港行って、飛行機のあの退屈な景色の無い10何時間。。。で、着いたら、いきなり景色も人も違うっていうのは、ある意味、確かに距離はあるな。。。

「走っていればいつかは着くからなんとかなるだろ。。。」っていうこの感覚。。。

きっと、この楽観的なこの感覚が増幅されちゃったのは、20年前の渡米経験からなんだとは思うけど、これって、個人的には人生気楽で居られて良いんだけども、日本に居ると、自分と他とのギャップにかなり悩まされて肩がずいぶん凝ったなぁ、ってのが正直な感想だったりするかもなぁ。。。なんて。でもね、日本は違う意味でのんびりしているところもあるから、きっと、こればっかりは好みの問題なんだろうな。どっちも良いところもあれば、悪いところもあるわけで。日本は、夜中に一人でどこを歩いていても大概安全(これは素晴らしい!)だったりするし。。。これは贅沢だよな、って。 帰国した時に、最初に感じたのが、「そういや、この国はひとりで夜中どこを歩いていてもヤバい空気?殺気を感じるようなストリートがないよな。。。」って、笑。こっちは財布落としたって、携帯落としたって、なんだかんだいって大概みつかっちゃうんだよ。ある意味、びっくりだ。向こうなんか、落とさなくたって、うっかりしてると、無くなっちゃうんだから、笑。



まあ、それは良いとして。。。

っていうか、人間関係に置いては、実際の距離が遠くったって、近くたって、俺は、あんまり変わらないんじゃないかな、って。。だって、結局、人間って、会いたいやつにはどこに居てもなんとかして会うし、会わないやつは近くに居たって結局、全く会わないじゃん。笑。

まあ、近くに居るといつでも会える、っていう妙な安心感もあったりして、実は、良くも悪くも。。。ってこともあるんだとは思うけれど。。。

まあ、そんなわけなので、フィジカルな距離は遠くなるけれども、これからも引き続きどうぞよろしくです。


追記:

とどのつまりは、打たれて死ぬか?ストレスに殺されるのか?という二択で、だったらどっちを選ぶ?ってことなのかなぁ?なんて思ったりする今日この頃だったりする



0 件のコメント:

コメントを投稿