続編

続編と言っても、きっと虫歯の話の続編を期待されていたわけではないと思うので、そっちではない方のトピックに今夜は触れることに。

今これを読んで、「え?何の続編?」という人は前回の記事へGO!

。。。ってそれは良いのだけど、一体どのことについての続編を書けば良いのだかいまいち本人も把握していなかったりするけれど、基本的にはふと思ったことをいつも書いていっているので、今回もそういうダラダラモードで行きます。

確か、前回は「何故ここに存在しているのか?」っていうふとした話から、自分が例に出来る音楽制作っていことを通じて話していたと思ったら。。。「結局、また宇宙の話なんじゃねぇ~か」っていうところで終わってたような。。。ちょっと読み返してみないと自分でも分からなくなってきた。。。

----- 再読

あ、そうだった。。。でも、読んでたら膨大な情報が一気に頭に戻ってきたけど、整理がつかないぞ(笑。

ん~。。。

「もともと直感的に理解できる言語システム」があるんじゃないのか?と何となく察している、っていうのがカギかな、この話は。多分(笑。これは、いろいろなことに関して言えることだと思うけれど、要は、人間って、今現在の状況だと、ルールを先に学んだり、学ばされたりして、それをクリアした上で機能しているようなイメージなんだけど、実は、もっとシンプルで早くて賢いシステムが元々備わってるんじゃないのか?って。。。そういう話だったような。。。

もちろん、ルールを知っていると言うことは、ルールの中で機能するには非常に良い。しかし、そのルールが絶対だと思い始めると、もともと備わっていたものを無意識?で無視し始めて、最終的にルールになってしまうのでは?これはいろいろなことに対して言えると思う。要は、ルールが悪いとかそういうことではなくて、それはただルールを使う側に立てるか、それともルールに支配されてしまうのか?っていう違いだけなな気がする。

元々の賢いシステムってのは何なのか?

これは自分が自分を見ることが出来ない状況と良く似ている気がする。自分が賢いシステムなだけにそれに気づけないのだ。そのシステムは、いくらでも払うって言ったって金で買うことはできないだろうし、ありったけの時間をかけて収集しようと頑張ったところで、それはデータ(知識)のようなものでもないだろう。

しかし、幸い、それはタダだったりする(笑。


ヒントなんてあらゆるところにある。ただ、どういうわけか、見ようとしてないだけだったりするのだろう。


要は、夜中に甘いものを食べたら、眠くてもちゃんと歯をもう一回歯を磨いてから寝ないと、虫歯になりやすいというごく当たり前の話と同じような気がする。


結局、今回も話が飛んだかもだけど、お許しを!


こっちはオマケ

↑これって、ケーブルとかに入っている人は訳つきだったり、字幕だったりもあるのだろうか?盛り上がると思うんだけどなぁ~。

Comments

  1. おーもり5/19/10, 8:35 PM

    これを読んでみてはいかがでしょう?↓

    http://homepage3.nifty.com/gaia-as/AMintro1.html

    文章の書き方はちょっと稚拙だと思いましたけど、内容は面白かった。
    まだ上巻しか出てないので下巻が待ち遠しい。

    ReplyDelete
  2. あと2−30回読んでみます。おもしいろいです!  kぞー

    ReplyDelete

Post a Comment