3.24.2010

相互作用















先日、無事石川県から帰宅。こちらは会場になった葉渡莉のロビーです。館内は、(浴衣、マッチの箱に至るまで)墨絵アーティストの上田みゆきさんの作品で構成されていて、彼女の世界観が伝わってきたような気がします。















そしてこちらはライブペインティング会場です。その場で演奏される音楽からインスピレーションを得て四季をテーマに絵を描きあげていくのですが、演奏側もその描かれて行く過程からインスピレーションを得て即興演奏していくので、非常に面白い化学反応が起こります。それらが相互的に作用しあって一つの空間が出来、それがまた演奏や絵に反映される不思議な空間です。後から絵をみたりすると、墨絵なので、特にですが、筆の走り方からスピード感や、情緒的なことがあからさまに投影されるので、お~なるほど。。。ここはこういう感じか。。。などと演奏している方も緊張感があって非常に面白いです。一時間程の時間があっという間に過ぎ、楽しませて頂きました。

僕なりの解釈ですが、特に、その場で短時間で描かれる墨絵というのは非常に時間軸や空気感、テンションというものがあからさまに出るものだなぁ~と改めて感じさせられました。

もしかしたら、後日、ちょこっとだけその空気感をまたBLOGで紹介できる機会があればまたアップしたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿