3.02.2010

もし...

久しぶりに外出する機会が出来て外に出たのはいいのだけど、肝心の用事は達成出来ずで参ったなぁ~、とも思ったのだけど、あまりにも久しぶりだったので、これを機会にいろいろと寄り道をしてみたりで結構楽しめた一日になった。何しろ、外に出ない時は普通に一週間くらいは平気で出なかったりするので、客観的に考えると非常に精神衛生上良くないのかもしれないが、逆にこれだけ溜めをつくって置いてから出ると、非常に世界は面白かったりする。通勤電車に乗っている人から、横断歩道で待っている人、スーパー、デパートで売っているもの、展示されているものや展示のされ方。。。そのいろいろすべてがエンターテイメント。勝手に一人で面白がっているわけである。普段、人が当たり前と思ってやっている言動が、自分の眼には非常にフレッシュに映るからなのかもしれない。TVも持ってないから妙な免疫もなくて余計にリアルにフレッシュだ。何がどうエンターテイメントなのか?ってのを書いてしまうと、とてつもなく長い文になってしまうのでやめておくけれど、ふと入った書店に並んでいた本を立ち読みしていてふと考えたことがいくつかある。

もし、この世の中から政府が無くなったらどのような生活になるのだろうか?また、政府は本当に必要な組織なのだろうか?。。。っていう2点と、もし、この世の中から貨幣(通貨のシステム)が消えたら、要は、すべてのものがタダになったら、人の価値観はどう変わるだろうか?ということである。

結構小さい頃から、なぜ国境ってものが存在するのだろうか?ということを疑問に思って考えたりしていたくちなので、政府って本当に必要なのか?っていう疑問が出てくるのは新しくないが、すべてのものがタダになる世の中っていうのを想像して、自分なりにどういう風にすれば成り立つのか?ということを頭の中で構築していくのは結構楽しかったりする。。。当然、いきなりそうなった場合、最初はベルリンの壁が壊れた時みたいな状況にはなるとは思うけれど、それが落ち着いた頃には人間の価値観は非常に面白いことになると想像している。

もう金じゃ買えないという世の中。。。

ってことは、もう、どんな ASS HOLE も金で人を動かせなくなるわけで、仕方なく、泣く泣く金が必要でそういう ASS に従う必要も同時になくなることは用意に想像できる(笑。

respect とか motivation みたいなものでしか世の中は動かなくなる。そうなると妙なしがらみや癒着で物事が先送りされる必要もないから進化のスピードも通常モードになるだろう。

書いていけば上記のような楽しいことはもっとたくさんあるけれど、そっちばかり想像していると落とし穴を見落としそうなので、それを現在考えていたりする。

おそらく、この次元というのは、一見、昔の「物々交換の時代」のようでもあるが、もしそう見えたとするならば、その点は螺旋階段を上から見たときに同じ位置に存在する点であり、側面から見た場合、その点は螺旋階段を一周し、「物々交換の時代の点」の真上にある位置関係ではないだろうか?要はひとつ次元が違う状態である。

音楽で例えるならば、最初にアコースティックギターを手にしたアーティストが中期にテクノロジーを駆使したり、散々派手な大掛かりなことをしたりした後、最終的にまたアコースティックを手にするに至った時のような状態で、最初にアコースティックを手にした時の思考回路と再び後期にアコースティックギターを手にした時の思考回路は全く次元が違うわけである。


っていうか、そんなことより、そろそろ俺は寝たほうがいいかもしれない。。。

5 件のコメント:

  1. また、おもしろい。。。
    政府がなければコントロールもない。
    さて、そんなに人間のレベルは高いかな?

    高いかもね。

    kぞー

    返信削除
  2. いずれそういう時代にはなるんじゃないですかね?
    根拠ない私の予想では、あと15年〜20年くらいはかかる気がるするけど。

    いきなり「明日から」という変化の仕方はないでろうけれども
    変化のスピードの加速している今という時なので
    案外、何かのきっかけでワッと変わるかも。

    もしくは、個々人のスピリットのレベルに応じたところに
    行くとか?パラレルな世界だから。
    見えてる世界が違ってくるのかも。

    返信削除
  3. kぞーさん>

    人間のレベルはそこまで高いのか?…そうなんです。でも順応力という意味では期待できそうな気がしますが、どうですかね?ちなみに、国境が無くなれば悪事を働いても、もう「高飛び」も通用しなくなりますよね(笑。

    おーもりさん>

    パラレルワールド。なるほど。。。現在の3次元的解釈の中でも、ある客観的なひとつの物事がある場合、個々人で感じることは多様なわけで、そういう意味でもパラレルワールドは存在していますよね。15年。。。長いようで、すぐ来る感じですね。

    返信削除
  4. そうか! パラレルな世界!
    それ言えるなぁ。

    すごいインスパイヤーされました。
    2−3週間これでいけます。ありがとう

    kぞー

    返信削除
  5. そーなんす。
    物理学でも既に立証されてるらしいけど、「客観的事実」なんちゅーものは
    絶対に存在しないのですね。

    おっしゃる通り、ある出来事の解釈なり意味づけが全員全く違って
    「ほんとに同じ事象について話してる?」って経験あるもんね。

    今は「さめない夢」という幻想の中で生きてる気もしてるし・・。

    いずれにせよ、変化の時代なり瞬間なりを見てから
    死にたいな〜。

    おーもり

    返信削除